グラブルのイベント「四象降臨」のバトルの記録。
4つ目は青竜Extreme戦・・・これで一応各属性のバトルの記録が1周します。

前回開催は1月でしたので、既に5ヶ月前。
その時のバトルの記録はこちらです。
http://kumagame.blog.jp/archives/1122171.html

当時の戦い方を見てみると、SSRパーシヴァルの「恐怖」を使っているものの、結局成功しても失敗してもチャージターンMAXからの特殊技(OD技)は一度も撃たせない内容になっていて、それなら「恐怖」なんか使う意味ありませんね?www

実のところ、火属性は未だにマグナ武器は1本もないんですが、コラボイベントを中心(?)にイベント産の武器が強めのものが配布されていて、今やウチの装備ではイベント産の武器だけでマグナ武器のある属性より強くなってしまっていたりします(^_^;)
(もっとも、古戦場を毎回走る回復アイテムを確保するため、どの属性もマグナはいつも自然回復でしかやっていませんので、最大で1本というかなり悲惨な状態ではありますがwww)

ということで、HL戦のようなバトルを除けば、ますます「恐怖」の存在意義が薄れてきてしまっており、ソロ討伐時はSSRパーシヴァルをメンバーから外していることも増えてきました。

特に今回の青竜Extreme戦では「恐怖」が不要なアビリティになってしまいますので、SRティナ(最終上限解放)とSSRパーシヴァルを入れ替えて差が出るかどうかを見てみました。
(もちろん、OD技を撃たれる場合は「恐怖」があった方が良いです。)

【主人公】
・ダークフェンサー(EXアビ=アーマーブレイク)
グラブル100
※前回と同じです。

【キャラクター】
<MAIN>
・SSRユエル(Lv97)
・SSRゼタ(Lv80)
・SRティナ(Lv90)
<SUB>
・SSRランスロット(育成目的)
・SRガイーヌ(育成目的)
グラブル102
※前回と比べると、ユエルとゼタが加わって攻防両面において大幅に戦力UP
※ティナをパーシヴァルと入れ替えて違いを見てみましたが・・・(結果はこの記事の中で)

【召喚石】
・SSRイフリート(Lv115) - メイン
・SSRバアル(Lv105)
・SSRベオウルフ(Lv100)
・SSRファフニール(Lv100)
・SRカーバンクル・ペリドット(Lv75)
グラブル104
※カーバンクルは使わないのでこのバトルでは無意味(ステータスの高い召喚石と入れ替えるべきですが、面倒なのでこのまま・・・www)

では、まずSRティナをメインに編成した美女トリオでバトルへ。
5ヶ月前とは武器もキャラも強さがかなり違いますが果たしてどんな戦いに・・・?
相手はもちろん・・・
グラブル211
Lv60青竜ですね。
チャージターンが他のExtremeより1つ少ない2しかないのが特徴です。
が、ちょっとした小技(意識しなくてもそうなる人が多いはず?)で前半は実質3ターン以上になりますね。
2ターン目以降(ダクフェの「スロウ」を使った後)で特殊技を使われる前にHP75%を切らせると・・・
グラブル212
特殊行動「竜湯」が発動し、チャージターンがリセットされます!(^O^)/
さらに、ダクフェの「スロウ」を使った後(2ターン目以降)であればリキャストが間に合いますので、特殊技(OD技)発動前に2回目の「スロウ」を使うことができてしまいます!
これがあるのでパーシヴァルの「恐怖」は(火力次第で)存在意義がなくなってしまう訳ですが(^_^;)
(「恐怖」を使う場合は「竜湯」発動後に使うと吉)

で、この「竜湯」は被ダメージは数百しかなく、状態異常デバフも付いていない代わりに・・・
グラブル213
「風属性攻撃力UP」という効果が付いています。
この状態のままOD技を撃たれると大ダメージになりますが、戦力的に厳しい場合は時間経過で消えるのを待つという最終手段(?)も使える効果になっています。

さて、バトルに戻りますが、キャラが3人とも攻撃アビリティを2つずつ持っていて、ティナには全体攻撃UPのバフが付いていることもあり・・・
グラブル214
やはり特殊技を撃たれることなく、通常攻撃とアビリティでブレイクまで到達しました・・・。
となれば、6月2日のバランス調整でパワーアップしたゼタの出番(^^♪
1アビの「ブレイク維持」と2アビの「追い撃ち」を使って・・・
グラブル215
フルチェインからのチェインバーストでトドメ!(^O^)/
ゼタの奥義はイベント産の武器と召喚石だけでもダメージ上限(俗に減衰値)まで届いてしまいますので、上手くタイミングを計れば100万以上のオーバーキルになります・・・
グラブル216-3
が、貢献度そのものが重要な古戦場ならともかく、この四象降臨では「四象の輝き」が増えるわけではないので単なる自己満足ですね(~o~)

というのがSRティナをメインにした場合でした。
では、今度はSRティナを外してSSRパーシヴァルを入れてみます。
グラブル215-2
もちろん、「恐怖」があろうがなかろうが結果には全く影響しない訳ですが・・・
比べてみて気が付いたのは、ティナの3アビ(全体攻撃UP)よりパーシヴァルの3アビ(ストレングス)の方がリキャストが1ターン長く、開幕1ターン目に使うとフルチェインでトドメを刺すまでに2回目が使えないこと・・・(^^ゞ
(ウチの現戦力だとちょうどティナなら2回目が間に合って、パーシヴァルなら間に合わないという微妙な状態w)
そこで、最後まで「ストレングス」は温存しておいて、ブレイクさせたらゼタの「追い撃ち」とともに使って・・・
グラブル215-3
やはりフルチェインからのチェインバーストでトドメ!
となる訳ですが、チェインバーストはティナの場合でもダメージ上限に届いてしまっていましたので、こちらも威力は同じです。。。
もちろんティナよりパーシヴァルの「ストレングス」付き奥義の方が数十万レベルで威力は上ですので、フルチェイン全体の与ダメージとしては、ティナの「全体攻撃UP」を使った場合より上になります。
なんですが、フルチェインを撃つまでの過程においては、攻撃アビリティを2つ持っていて、「全体攻撃UP」が2回使えたティナの方が勝ってしまっていますwww

・討伐に掛かるターン数が全く同じでチェインバーストの威力はともにダメージ上限
・パーシヴァルの「恐怖」が不要であるように、ティナの「全体回復」も不要
う~ん。こりゃ対青竜Extremeにおいては現時点では引き分けですな(>_<)

ところで、ゼピュロスExtreme+戦においても、今回登場している4人(ユエル、ゼタ、パーシヴァル、ティナ)をどう組み合わせるかというのは実は意外と悩むところでして・・・
固定で使いたいのは「全体回復+クリア」のあるSSRユエルでしょうか?

・「ゼタ⇔パーシヴァル」は「こちらを立てればあちらが立たず」といった様相で、「ブレイク維持」→「追い撃ち」のゼタか、「恐怖」→「ストレングス」のパーシヴァルか・・・。
・「パーシヴァル⇔ティナ」については、上の青竜Extreme戦とは少し異なり、火力で勝るパーシヴァルか、ユエルと組んで全体3000回復ができるティナか・・・といった様相。
・「ゼタ⇔ティナ」は、もちろん上の2つの比較内容が組み換わるだけ。。。
※追記:ティナは奥義で「暗闇」を付与することができ、その後のアビリティに追加ダメージが乗ることで、アビリティの与ダメージはSSR勢に匹敵、または超えてしまいます!

試しにユエル、ゼタ、ティナでやってみると・・・
グラブル216
1回目のフルチェインでこのあたりまで削った状態・・・。
ウチの現状では唯一防御用にカーバンクルが使える属性ですし、サポーター召喚石がアテナなら併用することで被ダメージは激減できますし・・・。
う~ん。。。行けそうですね?(そうかな~?)

因みにゼタの2アビは「追い撃ち」だけでなく1ターンだけ自身の「攻撃UP」も付いてきますので、ブレイクさせていなくても奥義を撃つときには使っていきたいアビリティです。

ウチのプレイ環境がもっと良くて、難易度Extreme+もサクサク動いてくれれば、ソロ討伐やりたいんですが・・・。
このゼピュロスだけは、他の3属性と違って少しはまともに動きますので、もし時間が余ったら今イベ中に1度チャレンジしてみたいですね(^_^;)

って、時間があるならその前に玄武Extremeの「SRジャスミンなしバージョン」をやらなければwww
忙しいですね~グラブルwww(←勝手に忙しくしてるだけだろ!) 


グランブルーファンタジー ブログランキングへ

ブロトピ:四象降臨&「黄龍」「黒麒麟」