昨日は結局、グラブルの古戦場本戦(1戦目)で手が離せず、メインクエスト更新は第70章「エルステ王国」だけになってしまいましたが、いよいよ・・・
グラブル55
第71章「囚われの真実」に行ってみましょう!
場所は「メフォラシュ市街」に移ります。
この「囚われの真実」というタイトルから、あのフリーシアが再びストーリーの中心に戻ってくるのかと想像しましたが、果たして・・・。

尚、この章の最後は毎ターン(リヴァイアサン・マグナのような)強力な「反射」を使用してくる敵が待っており、所持キャラなどの要素次第で、かなり高難度のバトルになります。
(今回使用した編成は最後に掲載します。)
あの第62章「星は空高く」のアーカーシャ戦で登場した「リベンジボーナス」(討伐失敗した場合APが戻ってきて、2時間以内であれば失敗するごとに攻撃力とHPに20%ずつアップする)があり、それを利用するかどうかはプレイヤーの判断に任されていますので、何が何でも実力で倒す必要はありません。
(但し、ここではリベンジボーナスは利用しません。)

では、まずストーリーの続きですが、第70章の最後に登場した・・・
グラブル56
フリーシアのシーンからですね。
「貴様らか・・・・・・いまさら私に何の用です?」
用事はもちろん・・・
グラブル57
「かつてエルステが星の民から預かった、空図の欠片についてだ。」
ですね。
この言葉にフリーシアが意外な反応を見せ・・・
グラブル58
「お前・・・・・・まさか、あの男の・・・・・・?」
主人公を見ながら、そう言います。
そう。
つまり、かつて主人公の父親もエリヤ・ヘルム宮殿を訪れ、 空図の欠片を求めていた!
そして、実はフリーシアも主人公の父親のことを知っていたんですね!
ですが、空図の欠片は言わばエルステが星の民に屈服した証。
表に出すわけにはいかないはずのものだったのですが・・・
グラブル62
「ヴィオラ女王陛下は、その騎空団に空図の欠片を渡したのです。」
恥じることなく、それを渡したというのです。
従って、主人公の父親がエルステの空図の欠片を持っていることになりますが・・・
グラブル66
「空図の欠片は星晶獣と同じように、本体を残しながら、自らの存在を分かつことが出来ますから。」
本体は今でもこのラビ島のどこかにあるというフリーシア。
ならば、それを教えてもらえればいいわけですが・・・
グラブル68
「なぜ・・・・・・私が貴様らに協力をすると?」
やはり教える気はないようです。
それどころか・・・
グラブル69
「私は絶対に貴様らを許しはしない。私の計画を阻んだ貴様らを・・・・・・私の全てを否定した貴様らを・・・・・・」
「そして、私を生かし続ける貴様らを、貴様らが救った命の全てをかけて復讐しましょう。」
あのエルステ帝国での最終決戦の時のように、激しい憎悪を主人公たちに向け、復讐を誓います。

結局空図の欠片の場所を聞くことはできなかったものの、ラビ島に存在するということで、いつまで掛かるか分からない砂漠での空図の欠片探索をすることになり・・・
グラブル74
アダムが宮殿を宿として欲しいと申し出てくれます。
主人公たちにとって、願ってもない申し出ですが、女王陛下・・・つまり本物のオルキスちゃんのことを考えてのことでもあるようです。
そして早速・・・
グラブル77
「本日の公務は、城下の視察です。」 
まだまだ山積みとなっている本来の仕事を気にしているオルキスちゃんにこの言葉。
これを聞き・・・
グラブル78
「ぃやったぁーっ!ありがとう、アダム!」
素直な喜びを表すオルキスちゃん。

ということで、視察という名のもとに街に遊びに出る一同。
(どこかの政治家や役人がよく使う手ですね。)
その道中でリーシャさんが・・・
グラブル79
「このメフォラシュには、軍隊や警備隊の類は存在していないのですか?」
とアダムに質問。
現在は、騎空団に依頼して何とか治安を維持しているのが実情のようです。
ですが、やはり明らかに人手は足りておらず、主人公たちも魔物を退治しながらの道中となります。
すると、そんな街の中で・・・
グラブル81
今のオルキス女王の統治に対して不満を口にする「街の老人」たちが・・・。
それを心苦しく思い、宮殿に帰って仕事をするというオルキスちゃんでしたが・・・
グラブル87
視察も大切な公務であって、それを疎かにしてはならないという言い方で、オルキスちゃんが安心して遊べるよう気遣うアダム。
さらに、国全体が一つの意見にまとまることなどありえず、一国の主としてそれを受け入れるようにという言い方で、老人たちの言葉をあまり気に病まないようにも気遣ってくれます。
アダム・・・なんというゴーレムでしょう!w
自分で「ゴーレムの最高傑作」と言うだけのことはあります。
その言葉を聞き、ようやく・・・
グラブル90
ルリアやイオちゃんと3人で街に遊びに駆け出すオルキスちゃん。
ですが、その様子を遠くから見ていた・・・
グラブル91
「街の老人」たちが、何やら不穏な言葉を・・・。
「決行は目前じゃ・・・・・・くれぐれも注意せんとな・・・・・・」
これは一体どういうことかと進めていくと・・・
グラブル94
フリーシアの監獄を守っているゴーレムが暴走!
そこでアダムは・・・
グラブル95
オルキスちゃんに安全な宮殿から離れないように言いつつ、自身はフリーシアの監獄へ向かい脱獄を試みるであろうフリーシアを捕まえに。
もちろん主人公たちはアダムに手を貸し、再びフリーシアの監獄へ。
するとそこには・・・
グラブル99
暴走し、既に監獄を半壊させているゴーレムたちの姿が!
アダムはすぐに兵士たちにフリーシア包囲網を張るよう指示し、ここでいよいよこの章の最難関・・・ゴーレムたちとの3連戦となります!(編成は最後に掲載します。)
まず1戦目は・・・
グラブル101
Lv50量産型ゴーレム(水属性)。
コイツの特徴は
・すぐにオーバードライブする
・オーバードライブ状態が異常に長くブレイクさせられない(方法はあるかもしれません)
それに加えて、開幕1ターン目に先制で・・・
グラブル102
「自分のHPが少なくなるほど攻撃力が大きく上昇する状態」
「毎ターンHPが減少する状態」
になります!
そして・・・
グラブル103
麻痺(?)も使ってきます・・・(>_<)
従って、終盤の火力は侮れない威力になってきますが・・・
グラブル104
ここは何とか真っ向勝負の殴り合いで突破。。。
この時、ミゼラブルミストは使える状態で2戦目に向かいたいですね。

続いて2戦目は・・・
グラブル105
Lv50ゴーレム(風属性)。
コイツの特徴は
・モードゲージがない(ブレイク不可能
トリプルアタックを連発してくる
ですが、チャージターンが最初から「5」ありますので、特殊技を何度も連発されることはありません。
そこで、最後の3戦目のことを考えて・・・
グラブル106
奥義は温存しての殴り合いで突破!
この時、アンチラ様の全回復は非常に心強いです。

そして、いよいよ最後の3戦目は・・・
グラブル107
Lv50ストーンゴーレム(土属性)。
コイツは恐ろしく厄介です!
ここで有利属性にするために、今回は風属性で挑みました。
その特徴は
すぐにオーバードライブ→ブレイクになる
ブレイク状態が異常に長く解除にならない
となっており、始まってすぐにブレイク状態のまま戦うことになるのですが、一番の問題は・・・
グラブル110
殆ど毎ターンのように使ってくる特殊行動「リフレクトシェル」
そのため発動のトリガーは良く分かりませんでしたが・・・
グラブル109
効果はもちろん「反射」です!(>_<)
これを殆ど使われっ放しになるため、普通に戦うとこちらが1発で次々やられてしまいます・・・(-_-;)
そこで今回試してみた戦い方は・・・
グラブル108
2戦目を奥義ゲージMAXで終わらせて、「反射」を使われる前(開幕1ターン目?)にフルチェインで削ってしまう!
(もしくは、「反射」を使わせてから「ディスペル」で剥がしてフルチェイン。)
ウチの風属性は現在武器が全属性中最弱(SR2本、他属性1本混じってます)ですので、超火力であればこれで一気に勝負を決められるのかもしれません。

が、しかし!www
ウチの弱小武器ではここからが大変で、主人公のEXアビリティに「ディスペル」を積み、サブ召喚石にSSRロボミ発進指令を編成して2ターン延命するも・・・
グラブル111
2人が「反射」で沈み、サブの2人も登場して何とか殴り倒せました(^^ゞ
尚、敵はブレイクしっ放しなので、SSRネツァワルピリの「追い撃ち」が非常に大きな削り役になりました。
(倒しきれずに「反射」でやられてしまう場合、リベンジボーナスの利用を考えてもいいかもしれません。)

ということで、ゴーレム3連戦を無事に終えると・・・
グラブル112
場面は再び宮殿へ。
アダムたちならゴーレムを抑え、フリーシアもきっと捕まえれらると、オルキスちゃんを安心させようとしている使用人。
ですが・・・
グラブル113
「妙な胸騒ぎ」がするというオルキスちゃん。
そこに現れたのが・・・
グラブル114
フリーシア!!!
オルキス王女殿下は、勘が鋭いようでいらっしゃる・・・・・・」
かつての呼び方でオルキス女王を呼びながら、突然現れますが・・・
眼鏡を取り戻しています!(←重要?)
が、手錠の輪っかは付いたままですね。
あっという間にオルキスちゃんを気絶させ、ゴーレムに命じて連れ去ってしまいます。。。
そう。アダムはまんまと嵌められたんですね!(>_<)

どういうことかというと・・・
グラブル126
「深夜にフリーシアの縁者だという老人達が面会に来まして・・・・・・」
あの「街の老人」たちです!
彼らが「決行は目前」だと言っていたのは・・・
グラブル128
深夜に看守を襲いフリーシアを脱獄させておき、その後ゴーレムを暴走させてアダムたちの注意を引き、「ゴーレムの暴走に乗じてフリーシアが脱獄するかのように錯覚させる」ことだったわけです!
完全にやられたアダム。
そこへやって来て・・・
グラブル130
オルキス女王陛下」が攫われたことを伝える使用人・・・。

といったところで、第71章「囚われの真実」が終わりです!
再びあのフリーシアがストーリーの中心に帰ってきました!
「復活のフリーシア」といったところでしょうか・・・?
この先が気になりますね。

では、最後に今回使った編成を記録しておきます。
【主人公】
・ダークフェンサー(EXアビ=ディスペル)
グラブル131
※「反射」を1回でもいいので剥がさないと・・・。

【キャラクター】
<MAIN>
・SSRフィーナ(Lv80)
・SSRアンチラ(Lv80)
・SSRペトラ(Lv80)
<SUB>
・SSRネツァワルピリ(Lv97)
・SSRメーテラ(Lv80)
グラブル133
※フィーナの「防御DOWN」、アンチラの「全回復」(と「全体バフ」)、ペトラの「攻撃UP」(と「再生」)
※ネツァワルピリの「追い撃ち」、メーテラの攻撃アビリティ

【召喚石】
・SSRサジタリウス(Lv111) - メイン
・SSRバアル(Lv125)
・SSRディアボロス(Lv115)
・SSRグガランナ(Lv100)
・SSRロボミ発進指令(Lv100)
グラブル135
※ロボミで「反射」を剥がしてみました。

ではでは。
これが参考になるか分かりませんが、超火力でない場合、手持ちの戦力で色々と編成をいじってみてくださいませm(__)m  


グランブルーファンタジー ブログランキングへ 

ブロトピ:メインクエスト(ネタバレ可)